こんにちは、ゆたぼうです^^

今日紹介する打ち切り漫画は、
たくあんとバツの日常閻魔帳です。


【PR】たくあんとバツの日常閻魔帳が読めるのはまんが王国!

打ち切り漫画は、本屋で売ってないことが多いので
ネットで読むのがおすすめです。
まんが王国は、10,000冊以上も漫画があるので
私も愛読しています。

テーマパーク
まんが王国はこちら
※試し読みでしたら、お金はかかりません


たくあんとバツの日常閻魔帳
出典:Amazon

たくあんとバツの日常閻魔帳
ジャンル:オカルト&コメディ
作者:井谷賢太郎

たくあんとバツの日常閻魔帳キャラ

男の子イラスト

■登場人物

主人公:九十九 多九郎(つくもたくろう)。16歳の高校生で
たくあん好き。
ばつ:ヒロイン。閻魔大王の娘
類:ばつが飼っているカラス。
九十九が嫌いで、よく糞を落とす
天王寺 翔太:九十九のクラスメイト。スケベで
ばつに気がある
あやめ::九十九のクラスメイト。潔癖症だが
ボウリングはプロ並みの腕前
牛頭:ばつの知人
馬頭:ばつの知人
創平:ラスボス。九十九の母親と閻魔大王を殺害

たくあんとバツの日常閻魔帳・感想

たくあんとバツの日常閻魔帳は、どんな内容かと言うと
主人公の九十九が、鬼ノ怪と戦うストーリーです^^
鬼ノ怪とは鬼の一種で、地獄に住む人たちの
ことを指します。

それで、九十九は平凡な日常を送っていたものの、
突然”ばつ”という女の子と出会います。
この娘は普通の女の子ではなく、
なんと閻魔大王の娘だと言うのです!

驚く九十九ですが、”ばつ”が
明らかに人間ではない様子なので、
信じることに。
この”ばつ”ですが、チャイナ服をよりセクシーに
したような服を着ていて、ミニスカみたいで
売春婦かと思いましたw
もちろん少年誌なので、露骨な性的描写はないものの、
九十九は”ばつ”の裸を何回も見るという
美味しい思いをしています。

閻魔大王の娘なので、すれた女かと思いきや、
裸を見られて恥ずかしがったりするなど、
人間の女と性格は変わりません。
いや、頭突きをしたらやり返す、
恥ずかしい思いをしたら、九十九にも
恥ずかしい思いをさせないと気がすまないなど、
公平さを重んじる性格です。

また、巨大なハンマーを武器にしているので、
シティーハンターの薫を思い出しました^^

シティーハンター
出典:pixiv

たくあんとバツの日常閻魔帳は打ち切りに

ハサミ

たくあんとバツの日常閻魔帳は全部で3巻出版していて、
20話で打ち切られています。
なぜ打ち切りになったのかというと、
連載当時は、銀魂というギャグ漫画があったため
人気を奪われたと推測します。

また、作者はラブコメ路線でいきたかったのかどうか
知りませんが、九十九と”ばつ”は
カップルになっていません。
ストーリーも、あんまり整合性ができていない感じで、
まとまっていないです。

たくあんとバツの日常閻魔帳の最終回

たくあんとバツの日常閻魔帳は、一話単位でも読める
漫画でして、ぶっちゃけいきなり
最終回を読んでも問題ありません。

それで、最終回は創平という
ラスボスと戦うことになります。
この創平は、九十九と暮らしていたものの、
中二病前回で、力に取り込まれます。

九十九の母親と”ばつ”の父親である
閻魔大王を始末し、世界を
牛耳ろうとします。
しかも、相手の攻撃をブラックホールみたいに
吸い込む能力まで持っており、
九十九と”ばつ”はピンチに!!

どちらが勝ったかは、ネタバレになるので
読んでみてからのお楽しみですw

たくあんとバツの日常閻魔帳の作者

男性シルエット
たくあんとバツの日常閻魔帳の作者は
井谷賢太郎さんです。
井谷さんについて調べてみたところ、
Twitterもフェイスブックも
形跡が発見されません・・・。

ウィキペディアにも情報がなく、
現在なにをしているのかさえ不明です。
ジャンプの連載をしていた漫画家は
有名人が多いので、経歴が謎なのは
珍しいですね。
もしかしたら、引退して
別の仕事をしている可能性もあります。

たくあんとバツの日常閻魔帳を全巻読む方法

本棚

以上で、たくあんとバツの日常閻魔帳の
レビューは終わり。
絵も上手だし、ヒロインの”ばつ”もかわいくて
チョイエロがいい感じだったのに、
打ち切りになったのは残念です・・・。
ジャンプで連載したのは、運が悪かったとしか
言いようがないですね。
サンデーとか、ガンガンあたりなら
長期連載も勝ち取れたかもしれませんw

また、たくあんとバツの日常閻魔帳は
打ち切り漫画なので、本屋に置いてません。
ネットで購入するのが、手っ取り早いですね。

たくあんとバツの日常閻魔帳はまんが王国で読めます。
検索窓に”たくあん”と打ち込めば
出てきます。
一冊だけ読んでみて退会するのも自由です。

まんが王国
→まんが王国はこちら

 

【関連記事】
→まんが王国登録方法と退会方法まとめ