こんにちは、ゆたぼうです^^

今日紹介する打ち切り漫画は、
少年ジャンプで連載していた、カガミガミです。
なぜ打ち切りになったのかも、
詳しく解説してみました。


【PR】カガミガミが読めるのはeBookJapan!

打ち切り漫画は、本屋で売ってないことが多いので
ネットで読むのがおすすめです。
eBookJapan(イーブックジャパン)
面白い漫画が必ず見つかります。

本棚
2,000冊以上無料マンガ配信中!!
eBookJapanはこちら
※試し読みでしたら、お金はかかりません


カガミガミ1巻
出典:eBookJapan

カガミガミ
巻数:全5巻
ジャンル:学園、ファンタジー
作者:岩代俊明

カガミガミのキャラ・登場人物

狐

■登場人物

主人公:嘉神恭介(16)式神を操る少年。

白天丸:恭介と行動をともにする、獣。
狐のような姿をしており、
額に炎のトレードマークがある。

ヒロイン:美好真子(20)
探偵死亡の女性。
貧乏で家賃が払えず、大家から追い出されそうになるも、
恭介のおかげでピンチから脱出する。

烏丸巧海(23)関西弁が特徴的な、
メガネ男子。
式神協会に所属しており、恭介を
利用する。

獅土景一(26)凶悪犯みたいな顔つきで、
性格も粗暴。
ぼっちでトラブルメーカー。
最初は恭介のことを見下していたが、
後に考えを改める。

カガミガミが打ち切りになった理由

カガミガミはどんな物語かというと、
主人公の恭介が、仲間たちと協力して
式神を倒す内容です^^

話の展開していく様子は、少年漫画にありがちな
おとなしい主人公が変身して、パワーアップ。
敵をやっつけるというもので、
目新しさはありません。
変身した恭介は犬夜叉にそっくりで、
わりかしイケメン。
まこも、肩を抱かれて
頬を赤らめていましたw

画力も高いし、戦闘シーンの描写も上手で
読者の反感を買うような要素は
見当たりません。

ただ、打ち切り漫画の特徴としてありがちな、
ヒロインが年上という設定でした。
やっぱり、読者は未成年が多いので
20歳だとBBAだと思うのではないでしょうかw
(私からすれば、20歳でも子供と大人の中間と
見ていますが・・・)

また、クラスメイトの女子は口が悪く、
恭介のことを「キモッ」と吐き捨てるなど、
いい気分がしません^^;
思春期の男子が、女子からキモいと言われたら、
かなり引きずるのではないでしょうか。

カガミガミは5巻で打ち切りとなっていますが、
1年も連載が続いたので、打ち切り漫画にしては
長期連載と言えるでしょう。

とはいえ、連載末期には
人気ランキングでビリの20位に・・・。
上位には、暗殺教室、トリコ、ブラッククローバーなど
人気漫画が占めていて、かなわなかった感じです・・・。

ちなみに、カガミガミの作者である岩代俊明さんと
ブラッククローバーの作者は交流があります。
岩代さんの元でアシスタントをしていましたが、
まさか師匠を超えた人気漫画家になるとは、
誰も予想していなかったでしょうね~。

カガミガミの最終回

卒業男の子

カガミガミの最終回ですが、あまり詳しく書くと
ネタバレになるので、詳細は控えます。

が、恭介たちは悪党を倒し、式神協会は
解体することに。
ヒロインのまこも、無事で生きています。
ハッピーエンドでよかったですね^^

ただ、終盤になるにつれ、登場人物が増えてきて
愛着を持てるキャラが減っていったのが
多少残念ではあります・・・。

カガミガミの作者・岩代俊明の現在

カガミガミを描いた岩代俊明さんですが、
1977年生まれで現在43歳。
代表作に、

・みえるひと
・サイレン

などがあります。
サイレンは、16巻も出ていて
激戦区のジャンプでは、人気を保持していたと
言えますね。

岩代俊明さんのアシスタントで有名人といえば、

・田村隆平(べるぜバブの作者)
・田畠裕基(ブラッククローバーの作者)

など、人気漫画家がいますね。

本人のSNSアカを探してみましたが、
なにも見つかりませんでした・・・。
まだ働き盛りの年齢なので、
今後の活躍に期待しましょう。

カガミガミを自宅で読む方法

本

以上で、カガミガミの
レビューは終わり。
打ち切りになったのは残念ですが、
なにも考えずに楽しく読める作品なので、
まだ未読の方は、一度手にとって見ることを
おすすめします。

また、カガミガミは
打ち切り漫画なので、漫画喫茶や本屋に置いてません。
ネットで購入するのが、手っ取り早いですね。

カガミガミはeBookJapanというサイトで読めます。
検索窓に”カガミガミ”と打ち込めば
出てきます。
63ページも無料で試し読みできるので、
面白ければ購入を検討してみてもいいですね。

eBookJapanロゴ
→カガミガミを読んでみる